更年期障害と漢方薬

更年期は、閉経の前後5年のトータル10年間を指します。
この10年の間、女性ホルモンの低下により、様々な体調の変化が現れます。
その体調の変化を「更年期症状」と呼び、中でも生活に支障をきたすものを「更年期障害」と言います。

日本人女性の平均閉経年齢が50歳頃のため、45歳〜55歳頃に相当します。
症状は個人差が大きく、症状が強く日常生活がままならない方もいれば、全く症状を感じずに過ごす方もおります。

 

更年期障害の西洋薬での治療


主な治療は、HRT(hormone replacement therapy):ホルモン補充療法になります。
子宮体がんのリスクを減らすために、子宮がある方と、ない方とで服用するホルモンが変わります。
子宮あり→エストロゲンとプロゲステロンの併用
子宮摘出→エストロゲン単独

HRTで使用するホルモン剤は、LEP /OCよりも、エストロゲン活性が低いため、LEP /OC を服用中の方は、年齢とともにHRTへの切替が必要です。

HRT以外では、うつ、不安、不眠などの精神的症状が強い場合は、SSRIなどの抗うつ薬も使用されます。
また、婦人科でも漢方薬を使う場合が多く、三大婦人漢方薬と言われる当帰芍薬散、加味逍遙散、桂枝茯苓丸も使われます。

 

更年期障害の漢方薬


更年期の症状は多彩です。人によって全然症状が違うので、症状や体質にあった漢方薬を選びましょう。

また、一つのタイプに限らず、2種類以上の漢方薬を併用することもあります。
すでに飲んでいる漢方があるのに効かない!という方は、薬の変更や追加で軽減することもあります。

気滞(きたい)タイプ

気の巡りが滞っているタイプに多く、婦人科でも処方される加味逍遙散などが当てはまります。

症状:ホットフラッシュ(顔や頭部を中心とした火照りやのぼせ)、イライラや頭痛、お腹の張り…など。

漢方:加味逍遙散(かみしょうようさん)、逍遥顆粒(しょうようかりゅう)など

 

腎虚(じんきょ)タイプ

漢方では腎臓の働きだけでなく、成長・発育・老化やホルモン、精力、体の潤いなどには、腎が関わっていると考えます。

この腎の働きが落ちた状態を腎虚と言います。

症状:足腰がだるい、トイレが近いor全然出ない、手のひら・足の裏が火照る…など。

漢方:杞菊顆粒(こぎくかりゅう)、天王補心丹(てんのうほしんたん)など

 

血虚(けっきょ)タイプ

女性には、特に「血」が大切です。活動的に動けるのも、精神的に安定するのも、血が足りていないといけません。

症状:生理不順や不眠or眠くてつらい、ぼーっとする、忘れっぽい、ソワソワ落ち着かない…など。

漢方:婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)、心脾顆粒(しんぴかりゅう)など

 

まとめ


更年期は、本当に個人差があります。

つらい症状を、こんなものかと思ってガマンせずに、しっかりと対策をたてましょう。

人生に何度か訪れる体調の変わり目です。自分の体をいたわって過ごすのが何よりも大切です。

 

2020年8月26日 水曜日