咳と漢方薬!

咳とは?


乾燥する時期になると、咳でお困りの方が増えますね。
咳のせいで眠れなくなったり、体力が消耗したり、長引けば長引く程やっかいな症状ですね。

咳とは正確には咳嗽(がいそう)と呼びます。
本来は気道に入った異物を除去するための体の反応なので、無理に止めれば良いと言うものではないですが、睡眠に影響が出たり、尿失禁を伴ったり、咳のせいで骨折をしたりと、生活に支障が出ることも多いので、適切なコントロールが必要です。

咳嗽の治療薬


現在病院で使われる咳を止める薬(鎮咳薬)は下記のタイプがあります。

中枢性(麻薬性/非麻薬性)鎮咳薬

延髄にある咳中枢の興奮を抑えることで、咳を止めます。

麻薬性:フスコデ、カフコデーNなど
非麻薬性:アスベリンメジコン、フラベリックなど

末梢性鎮咳薬

気道や肺胞の壁にある受容体への刺激を減らすことで、結果的に咳を止めます。
具体的には、去痰薬、うがい薬、気管支拡張薬などがあります。

去痰薬:カルボシステインアンブロキソールなど
気管支拡張薬:テオフィリン、メプチン、スピロペント、オンブレスなど


また、上記以外にも降圧剤の副作用による咳には薬の変更、逆流性食道炎による咳には胃酸を抑える薬、咳喘息の場合は、気管支拡張薬に加えて、吸入ステロイドや抗ロイコトリエン薬が使われます。

 

咳嗽と漢方薬


中医学で咳嗽は、細かくはに分かれます。

有声無痰為咳・・・咳の音があり、痰が無いものは咳
有痰無声為嗽・・・痰があって、咳の音が無いものは嗽

上記の差はありますが、実際には両方同時に出ることが多いため、咳嗽と呼ばれます。
使う漢方薬は、咳の原因や性質から選びます。

風寒犯肺(ふうかんはんはい)

冷えによる風邪に伴い起こる。薄くて白い痰水っぽい鼻水、鼻づまり、頭痛など

漢方薬:小青竜湯しょうせいりゅうとう参蘇飲じんそいんなど

風熱犯肺(ふうねつはんはい)

熱っぽい風に伴い起こる。黄色く粘る痰口や喉の渇き、呼吸が荒いなど

漢方薬:天津感冒片てんしんかんぼうへん麻杏甘石湯まきょうかんせきとうなど

痰湿内蘊(たんしつないうん)

脾胃(消化器系)の症状と伴って起こる。痰が多く粘る、胸がつかえる、食欲不振、下痢など
脾は生痰の源となし、肺は貯痰の器となす」と言われ、痰を作るのは脾胃に原因があると考えられます。

漢方薬:半夏厚朴湯はんげこうぼくとう六君子湯りっくんしとうなど


肝火上炎(かんかじょうえん)

ストレスに伴って起こる。イライラ、のぼせ、脇腹の張りや痛み、痰は少なく粘る、口が苦いなど

漢方薬:瀉火利湿しゃかりしつ顆粒など

陰虚肺燥(いんきょはいそう

咳が慢性化した時に起こる。乾いた咳夜間の咳、痰が少なく切れにくい、不眠など
肺は気の主、腎は気の根」と言われ、深く息をしっかりと吸い込むことを納気(のうき)といい、腎の働きになります。

漢方薬:麦門冬湯ばくもんどうとう滋陰至宝湯じいんしほうとう滋陰降下湯じいんこうかとう八仙丸はっせんがん など

まとめ


咳が出ている時は、周りの人にも気を使うし、疲れるし、眠れないし、本当に良いことが一つもないですね。
でも、前述したように、本来は異物を外に追い出すための大切な反応です。
ただ抑えるのではなく、原因に合わせて対処するのが肝心ですね。
また、どんなタイプの咳でも長引かせないように、早めの対処が何よりも大切です。
たかが咳とは済ませず、しっかり病院や薬局で相談しましょう。

*追加*
軽い咳でや乾燥感であれば、食事でも対応が可能です。
はちみつ、ユリ根、杏仁豆腐、大根、からし菜、トマトなど対応する食材も多いので、食事で対策したい方にも、漢方薬と一緒にご提案いたします。

2018年11月16日 金曜日