副鼻腔炎(蓄膿症)と漢方薬

副鼻腔炎(蓄膿症)とは?


副鼻腔炎とは、眼の上(おでこ)の前頭洞ぜんがくどう 、両目の間の篩骨洞しこつどう 、眼(鼻)の奥の蝶形骨洞ちょうけいこつどう 、眼の下(頬)の上顎洞じょうがくどう の4つの副鼻腔と呼ばれる、骨で出来た空洞に炎症が起こる疾患で、蓄膿症とも呼ばれます。

急性の場合は、自然に治る事が多いですが、慢性化した場合は、鼻づまりだけでなく、頭痛や目の奥の痛みなどを伴うこともあり、お困りの方が多い疾患のひとつです。

 

原因と症状


元々は風邪や虫歯などからの感染や、アレルギー性鼻炎が原因で鼻腔粘膜に炎症が起こり、その炎症が副鼻腔に広がった状態が副鼻腔炎です。

短期間で自然に治癒した場合は良いですが、厄介なのは慢性化した場合です。

副鼻腔の粘膜に炎症→粘膜の働きが落ち、腫れる→腫れることで、鼻腔との連絡口がつまる→連絡口が詰まると換気が悪化して、更に炎症が治りにくくなる悪循環に陥ります。

また、ひどい時は腫れた粘膜が鼻腔にまで広がり、ポリープ(鼻茸)になる場合もあります。

この他、鼻の骨の構造上の問題も関与することもあります。

症状

鼻閉(鼻詰まり)鼻汁(鼻漏)の2大症状。

鼻漏は鼻の穴からでる場合と、喉にまわる後鼻漏があります。

更に鼻以外の症状では頭痛、頭重、眼の奥の痛み、嗅覚障害など


西洋医学での治療


内視鏡を使った手術療法、鼻から蒸気を吸うネブライザー療法、クラリスロマイシンなどの抗生物質、ムコダインなどの去痰剤、アレロックやアレジオンなどの抗アレルギー薬が主体となりますが、画像検査をした上で、症状の程度に合わせた治療が行われます。

漢方薬での対応


だいたい下記の5タイプに分かれますが、いずれのタイプも鼻詰まりが強い場合は鼻淵丸びえんがん を中心にし、さらに頭痛など頭部の症状によく使う頂調ちょうちょう顆粒川芎茶調散せんきゅうちゃちょうさん)を併用する場合が多いです。

肺経風熱(はいけいふうねつ)

風邪などをきっかけに、邪熱が肺の経絡にのり、鼻を塞いだ状態。

症状:鼻水、鼻づまり、頭痛、発熱悪寒、咳…など

漢方薬:鼻淵丸びえんがん辛夷清肺湯しんいせいはいとう


胆腑鬱熱(たんふうつねつ)

ストレスが溜まり、イライラが続いた時に、気の巡りが悪くなり悪化した状態。

症状:口が苦い、喉の乾燥、粘りのある黄色い鼻水

漢方薬:荊芥連翹湯けいがいれんぎょうとう柴胡清肝湯さいこせいかんとう瀉火利湿しゃかりしつ顆粒

脾胃湿熱(ひいしつねつ)

暴飲暴食など、食事の乱れにより、脾胃(消化器系)の働きが落ちて症状が悪化する。

症状:黄色くて濃い鼻水鼻汁が臭い、鼻づまり、体が重だるい、頭が重い、食欲不振

漢方薬:茵陳五苓散いんちんごれいさん温胆湯うんたんとう勝湿しょうしつ顆粒

脾肺気虚(ひはいききょ)

脾(消化器系)や肺の機能が落ちて、体の抵抗力が落ちている状態。

症状:多量の薄い鼻水くしゃみ、疲れやすい、風邪を引きやすい、息切れ

漢方薬:補中益気湯ほちゅうえっきとう衛益えいえき顆粒など…小青竜湯しょうせいりゅうとう


まとめ


副鼻腔炎(蓄膿症)は、症状は鼻にあるものの、中医学では原因を鼻だけではなく、脾胃やストレスなど、多方面から考え対応しています。

症状が長引かず、短期間で治る場合は西洋医学も良いですが、なかなか治らない時は、別の原因や対処を考えるのも一つの手ではないでしょうか?

また、副鼻腔炎に限らず、お酒を飲むと次の日に鼻がつまる、風邪でもアレルギーでもないのに、くしゃみや鼻水が出る、などの経験がある方も多いと思います。そんな時は、中医学の視点でみると意外と改善法が見つかるかもしれません!

2018年10月25日 木曜日