ツムラ23・24・25…婦人科でよく使う漢方薬について

婦人科疾患でよく使われる漢方薬といえば、ツムラ23・24・25番のスリートップです。

処方名は、23番:当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、24番:加味逍遙散(かみしょうようさん)、25番:桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)の3種類です。

漢方相談に来れる方にも、飲んだことがあったり、飲んでいる状態で相談に来られる事がよくあります。

これらを飲んでも効かなかったと言われる場合が多いですが、それは薬が悪いのではなく、1種類では足りなかったり、そもそも体質や症状にあっていない場合があります。

この3種類は、それぞれ「どんな漢方薬」なのかチェックして、上手に利用しましょう。

※尚、効能や主治、症状は中医学での分類です。服用の場合は、必ず専門の医師、薬剤師、登録販売者にご相談ください。

 

 

23番:当帰芍薬散


「婦人懐妊、腹中㽲痛」(妊娠の腹痛)に良い言われております。㽲痛(こうつう)は、シクシクした痛みを指します。

成分:当帰(とうき)・芍薬(しゃくやく)・川芎(せんきゅう)・白朮(びゃくじゅつ)・茯苓(ぶくりょう)・沢瀉(たくしゃ)

効能①:養血疏肝(ようけつそかん)→血を養って、肝の働きを助け、気の巡りを良くする
効能②:健脾利湿(けんぴりしつ)→脾(消化器)の働きを建てなおし、余分な湿気を追い出す

主治①:血虚肝鬱(けっきょかんうつ)→血が足りなくて、気の巡りが悪い状態
主治②:脾虚湿滞(ひきょしつたい)→脾(消化器)が弱ってて、余分な水分が停滞している状態

症状:妊娠中の腹痛、むくみ、尿量の減少、生理不順(遅れやすい)、生理痛(シクシク痛む)…など

 

24番:加味逍遙散


更年期の症状によく用いられますが、逍遥散の逍遥とは、「揺り動かす」「自由気ままに散歩する」などの意味があります。
この逍遥散に、のぼせや火照りを冷ましてくれる「牡丹皮(ぼたんぴ)」と「山梔子(さんしし)」という生薬を足した処方です。
※生薬を1味、2味と数えるため、元の処方に生薬を加えた時に「加味」という字が着きます。

成分:柴胡(さいこ)・薄荷(はっか)・当帰(とうき)・芍薬(しゃくやく)・白朮(びゃくじゅつ)・茯苓(ぶくりょう)・甘草(かんぞう)・生姜(しょうきょう)・牡丹皮(ぼたんぴ)・山梔子(さんしし)

効能①:疏肝清熱(そかんせいねつ)→余分な熱を冷まし、肝の働きを助けて、気の巡りを良くする
効能②:健脾養血(けんひようけつ)→脾(消化器)を建てなおし、血を養う

主治①:肝鬱化熱(かんうつかねつ)→肝の働きが悪く、気の巡りが悪くて、熱を帯びている状態
主治②:脾虚血虚(ひきょけっきょ)→脾(消化器)が弱ってて、血も足りていない状態

症状:生理不順、PMS(特に乳房の張る痛みなど)、のぼせ、頭痛、口が渇く、イライラ…など

 

25番:桂枝茯苓丸


婦人科の瘀血(血行不良)による各症状に用いる処方です。出産を促す事にも用いられたため、別名「催生湯」とも呼ばれます。

成分:桂枝(けいし)・茯苓(ぶくりょう)・芍薬(しゃくやく)・牡丹皮(ぼたんぴ)・桃仁(とうにん)

効能①:活血化瘀(かっけつかお)→血行を良くして、停滞している滞りを取り除く
効能②:緩消癥塊(かんしょうちょうかい)→血行不良によるしこりを、ゆっくり小さくする

主治①:瘀血内停(おけつないてい)→血行不良で滞っている状態
主治②:癥塊(ちょうかい)→腹部にできて塊

症状:下腹部の腫れ・痛み、生理痛、不正出血…など

 

まとめ


当帰芍薬散と加味逍遙散は、中医学の方剤の分類では「和解剤(調和肝脾剤)」の分類に入ります。
これは、気の巡りや脾胃(消化器)の働きを整える漢方薬です。

一方で、桂枝茯苓丸は「理血剤(活血化瘀)」に分類され、血流を改善して痛みをとる働きがあります。

いずれの処方にせよ、ご相談で多い、
冷え・貧血・めまい・立ちくらみ・気分の落ち込み・生理不順(遅れる)・乾燥・眠りが浅い…などの
「血虚(けっきょ)」に対する「補血(ほけつ)」の働きは期待できないか、弱いです。

ですの、血虚の症状があれば、婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)や心脾顆粒(しんぴかりゅう)と言った、「補血」の働きのある処方に変えたり、一緒に飲んでいただく事が多いです。

また、当帰芍薬散+加味逍遙散、当帰芍薬散+桂枝茯苓丸、加味逍遙散+桂枝茯苓丸のように組み合わせることで、より効果を発揮できる場合もあるので、あまり効かないなぁ〜と言うときは、合っているか?足りているか?をチェックしてみましょう。

2020年8月20日 木曜日