あなたの風邪はどのタイプ?風邪と漢方薬!

季節の変わり目で風邪が流行っておりますが、風邪と言っても、症状は千差万別ですね。

風邪をひく時期や、その人の体質など原因はたくさんあり、その組みわせで、発熱、悪寒、喉の痛み、鼻水、鼻詰まり、頭痛、くしゃみ、咳、関節痛…など本当に色々な症状が出ます。

風邪こそ、一番身近で一番厄介な病気の一つかもしれませんね。しっかりと適切な対応を覚えて、長引かせないようにしましょう。


風邪とは?


実は風邪という病気はありません。

病院での診断も風邪全般を「風邪症候群」と言い、鼻水や喉の痛みが主症状の場合は「上気道炎」下痢や嘔吐、腹痛が主症状のいわゆるお腹の風邪では「胃腸炎」と診断されています。

原因は細菌ではなく、ウイルスが粘膜に付着する事で発症します。ウイルスの種類には、ライノウイルス、コロナウイルス、RSウイルス、アデノウイルスなどがあります。

 

風邪の処方薬


風邪をひいて病院に行くと、以前は抗生物質を貰っていた方が多いのではないでしょうか?もしかすると、地域や病院によっては、今も必ず処方する医師や、貰わないと気が済まない患者さんもいるかもしれません。

でも風邪の原因は上記の通り、ウイルスです。細菌をやっつけるための抗生物質では効果が全くありません。肺炎や連鎖球菌の感染など、明らかな細菌感染の時は必ず抗生物質が必要ですが、それ以外で無闇に服用すると、体に必要な腸内細菌が死滅してしまったり、細菌が耐性をつけるきっかけになるので注意しましょう。

抗生物質以外にも風邪の専門薬があるわけではありません。あくまでも症状に応じた対症療法になります。

具体的には解熱鎮痛剤(カロナール、ブルフェン…)、鎮咳薬(アスベリン、メジコン…)、抗炎症剤(トランサミン…)、総合感冒薬(PL配合顆粒…)などになります。


風邪の漢方薬


漢方薬の風邪薬と言うと、すぐに「風邪には葛根湯でしょ⁈」と思っている方が非常に多いです。

もちろん葛根湯がピッタリの風邪もありますが、効かないどころか悪化する場合もあるので、必ず症状にあった風邪薬を選びましょう。

風寒感冒(ふうかんかんぼう)

寒い時期や冷え性の方がかかり易い風邪で、熱症状よりも寒気が強いのが特徴です。

症状:ゾクゾクする悪寒が強い、軽い発熱、体の節々の痛み、鼻水、鼻詰まり、くしゃみ、痰(薄くて白い)、頭痛など

漢方薬:麻黄湯まおうとう葛根湯かっこんとう桂枝湯けいしとう頂調ちょうちょう顆粒など

風熱感冒(ふうねつかんぼう)

春先や暑がりの方がかかり易い風邪で、喉の腫れや痛み、熱っぽさが強いのが特徴です。

症状:発熱(高熱)、軽い悪寒、口や喉の渇き、咽頭痛、咳、頭痛など

漢方薬:天津感冒片てんしんかんぼうへん銀翹散ぎんぎょうさん板藍ばんらん・のど飴など

風湿感冒(ふうしつかんぼう)または暑湿感冒(しょしつかんぼう)

湿度の高い夏場に多く、胃腸症状を伴い易いのが特徴です。いわゆるお腹の風邪もこのタイプです。

症状:下痢、食欲不振、悪心、頭が重い、体が怠い、発熱(微熱)、悪寒など

漢方薬:勝湿しょうしつ顆粒香蘇散こうそさんなど

衛気不足(えきぶそく)

体の防衛機能が弱っており、風邪を引きやすく長引くタイプです。

症状:風邪を引き易い、汗が出る、悪風(風に当たるのが嫌い)、咳、疲労感、息切れ、食欲不振など

漢方薬:衛益えいえき顆粒参蘇飲じんそいん補中益気湯ほちゅうえっきとうなど

 

まとめ


風邪と一言で言っても、症状は人により、時期により体調により、大きく変わります。

選ぶ薬もその時々で違って当たり前ですので、「風邪には葛根湯!」と思わずに、その時の症状で判断しましょう。

また、風邪を治すのに一番大切なのは、休息です。

無理に仕事や勉強をせず、ゆっくり休んで、しっかりと睡眠を摂りましょう。どんな薬よりも一番効果がありますので、お忘れなく!

2018年11月21日 水曜日